診療案内

TOP診療案内予防接種 › 子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんとは?
症状
初期にはほとんど症状がありません。がんが進行すると、不正出血、おりものの増加、下腹部痛がみられます。さらに進行すると、子宮を摘出したり、周りの臓器を摘出しなければならなくなり、命にかかわることもあります。

原因

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染して起こることがほとんどですが、これは人の粘膜や皮膚に存在するごくありふれたウイルスで、女性の8割が一生に1度は感染するとされています。ウイルスそのものは100種類以上あり、がんを引き起こすのは15種類ほどですが、感染しても必ずがんになるというわけではありません。その他、尖圭コンジローマ(性器のいぼ)を引き起こすウイルスもあります。


予防
*ワクチン
ワクチンによって、HPVの感染を予防することができます。小学校高学年、中学生の女児は、政府より接種がすすめられています。これまでワクチンを接種したことがない若い女性も、接種をおすすめします。ただし、ワクチンもすべての発がん性HPVの感染を防ぐことはできません。そのため、ワクチンを接種していても20歳を過ぎたら、定期的に子宮頸がん検診を受けることをおすすめします。

*検診
ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染してから、子宮頸がんになるまで非常に時間がかかります。定期的に検診を受けて、がんになる前の状態で発見できれば治療が可能です。
詳細

ワクチン

二種類のワクチンがあります

*2価HPVワクチン
HPV16型と18型の感染を防ぎます。初回接種から1ヵ月後と6ヵ月後の3回の接種が必要です。

*4価HPVワクチン
HPV16型と18型に加えて、6型と11型による尖圭コンジローマの感染を防ぎます。
初回接種から2ヵ月後と6ヵ月後の3回の接種が必要です。


診療案内 クリニックの紹介 受付について 会計について 診察の流れ お薬について 予防接種 小児用ワクチン 海外旅行用ワクチン 子宮頸がんワクチン インフルエンザワクチン
JGHニュースレター
当院からのお知らせと海外生活に役立つ医療情報を毎月E-mailでお届けします
JGHニュースレター

このページのTOPへ

JGH
(C) 2012 Japan Green Medical Centre